Japan Skate Park Association

お知らせ

このスケートパークは100%日本国内設計です!

2020年東京で開催されるオリンピックを控え、日本国内ではこれまで以上にスケートボード利用者が増加しております。 それに伴い、日本各地でスケートボードの迷惑行為に困っている皆さんがいらっしゃる事も明らかになってきました。 …

【続:スケートボードの迷惑行為に困っている皆さんへ】

【スケートボードの迷惑行為に困っている皆さんへ】を読んだ一般市民の方や 地方公共団体の担当者から、直接当協会にスケートボードの利用に関するクレームが届いています。 前回、最後に この問題を解決する為に本当は何が必要か?  …

【スケートボードの迷惑行為に困っている皆さんへ】

当協会では、オリンピックが近づくにつれ、これからさらに公道でのスケートボード利用が増えると考えています。 地域利用者の団体を支えることで、さらに増え続けるスケートボードに対する一般の皆様からの理解を得ようと尽力し調整して …

海外輸入物では無いワンオフの置物セクションにも対応しています。

置物セクションに対する考え方 公共スケートパークを検討するに当たって、既存の使われなくなった駐車場や広場に、置物のセクションを導入する場合があります。 スケートパークと称するものの中には、フルコンクリートのパークもあれば …

【若者文化の発信によるまちづくりに向けた基本方針(案):川崎市】

平成30年8月に神奈川県川崎市が【若者文化の発信によるまちづくりに向けた基本方針(案)】を発表しました。 この資料の中で、川崎市では市民アンケートを元に市民が利用したいと思うスポーツ施設について、今後の川崎市の将来を担う …

PAGETOP
Copyright © NPO法人 日本スケートパーク協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.