【スケートボードの迷惑行為に困っている皆さんへ】を読んだ一般市民の方や
地方公共団体の担当者から、直接当協会にスケートボードの利用に関するクレームが届いています。

前回、最後に

この問題を解決する為に本当は何が必要か? 真剣に考えていただける方はご相談下さい。

特定非営利活動法人 日本スケートパーク協会は、東京都青少年・治安対策本部警察庁とも協力し連携をとりながら活動しております。

と書いたにもかかわらず、迷惑を被っている状況の通知や一方的な思い込みや受け止め方、感想を投げかけてくる方が居ます。

匿名もしくはスパムを送ってくる個人

2019年5月28日の夜に届いた個人の思い込みと感想が書いてあったメール。

*こちらは返信していないので相手が存在するかしないか確認していないため送り主の個人情報は伏せます。

先月2019年4月28日の朝っぱら届いた個人の思い込みと感想が書いてあったメール。

*こちらは相手の存在確認が出来なかったため全ての情報を公開します。

お名前も書いてあったので「匿名のスパムメールでは無い」と判断し返信しました。

しかし、当協会のメールサーバー「Mail Delivery Subsystem」からデリバリーエラーで未送達との事。
わざわざ時間を割いて返信したにもかかわらず、個人の感想や思い込み、攻撃性の高い記述内容、差別的な表現を一方的に送り付けてくる人間は、自身が忌み嫌う対象と何ら変わりありませんので、相手にするだけ時間の無駄だという事がよく解りました。また、この問題を解決する為に本当は何が必要か? 真剣に考えてい無い事は明白です。

地方公共団体から

今朝は、東京都武蔵野市役所 都市整備部 道路課(電話番号0422-60-1857)からも電話を頂きましたので

JSPA「武蔵野市としてどう考えるのか? スケートボードの利用に関する市民の皆様からのクレームの状況や武蔵野市として考える要望を文章で下さい。一緒に真剣に考えましょう。動きます。」

と申し上げたのですが

東京都武蔵野市役所 都市整備部 道路課 担当者『武蔵野市としての文章を出す事には問題があるので出来ないからそちらで動いて欲しい。』

との事でした。つまり、この問題を解決する為に本当は何が必要か? 真剣に考えてい無い事は明白です。

この問題を解決する為に本当は何が必要か? 真剣に考えていただける方】や真剣に考えている地方公共団体にはまだ出会えていませんので、東京都青少年・治安対策本部警察庁とも協力し連携をとる段階ではないのかもしれません。

なお、特定非営利活動法人 日本スケートパーク協会は「道路の利用に関するクレームを率先して処理する受け皿」ではございませんし、そのような力もございません。但し、当協会が必要と考えれば当協会の定款に従って動きます。

今後も当協会に対して、道路利用に関するクレームやスケートボードに関するクレーム、困りごとの処理対応を一方的に押し付けてくるようなメッセージや電話が届いた場合は、その内容を公に知って頂く事で広く情報共有出来ると考えておりますので、どんどん公開してゆきます。

そろそろ、真剣に考えて一緒にたくさんの人の心を動かせる人に出会える事を期待しています。


他人の行為に迷惑を感じている人
他人から攻撃を受けていると感じている人
自分の行為を棚に上げて他者を攻撃している人
実際に他人に迷惑をかける行為をしている人に是非読んで欲しい本が有ります。

是非、ご一読いただいてから、ご自身の生き方を省みる機会を持っていただけると幸いです。
くれぐれも、一人を見て全員を知った気にならないようご自身のためにも他者への配慮をお忘れなく。