当協会では、オリンピックが近づくにつれ、これからさらに公道でのスケートボード利用が増えると考えています。

地域利用者の団体を支えることで、さらに増え続けるスケートボードに対する一般の皆様からの理解を得ようと尽力し調整しているの一部のショップ(用具販売店)を除き、スケートボード関連ブランド(用具やアパレル、シューズメーカーや宿泊施設など)を筆頭に、TVコマーシャルやネットコマーシャルのほとんどは、公道でのスケートボードを煽っているように一般的には映ります。

スケートボードに関連するトラブル(ほんの一部)

札幌・大通公園

宇都宮・宇都宮市大通り1丁目

渋谷区・渋谷駅周辺

スケートボード利用者急増:今後の動向

2020年東京オリンピックからスポーツ競技として採用されたスケートボード。
当協会では開催が近づくにつれ、これからさらに公道でのスケートボードは増えると考えています。

スケートボードは滑走できる路面さえあれば利用者は居り、公道でも私道でも公園でも、学校や個人や法人の持ち物である私設の建物やエントランス駐車場などでも勝手に利用してしまう人が居ます。

これは、利用者の人数に対して、公に利用できる場所が圧倒的に少ないことが主な原因です。

スケートボードの迷惑問題解決には何が必要か?

今後も今までと同じように、スケートボードが禁止されている路上や施設で、スケートボードによる破壊行為や騒音を伴う迷惑行為を実行している人達を取り締まったり、罰金を科すことで排除する動きは大きくなるでしょう。

しかし、2020年東京オリンピックがもたらしたスケートボード・ムーブメントは、2020年東京オリンピック後には更に次の開催に向けて大きな波となり、他のスポーツに比べてお金がかからない用具で手軽にどこの舗装路からでも気軽に始められるスケートボードの利用者人口は、今後どんどん増え続けます。

その時、利用者の考えを訊くことも無く、公共スケートパークを市街地から離れた場所にただ造っても、ストリート(路上)での利用は減りません。
逆に、利用者や行政の理念も何も無くただ作ったパークは、利用者人口を伸ばす温床となるだけで、荒れ果てて閉鎖されるか放置されます。

この問題を解決する為に本当は何が必要か? 真剣に考えていただける方はご相談下さい。

特定非営利活動法人 日本スケートパーク協会は、東京都青少年・治安対策本部警察庁とも協力し連携をとりながら活動しております。